レンタルサーバーに自動デプロイする

Git

Teens TownむさしののHPはレンタルサーバーで稼働しています。(GMOペパボさんの「Heteml」です。)

HetemlにはGitが標準で導入されており、ユーザーが適切に設定を行えばGithubからの自動デプロイも可能です。

手順

1.サーバー側設定

Githubでは、pushなどのアクション時に任意のURLへHTTP通信でwebhookを送信できます。まずはその受け口を作成しましょう。同じサーバー内であればどのようなドメイン・URLでも構いません。

今回は例として https://deploy.example.com とします。

次に、上で設定したドメインのドキュメントルート(もしくは適切な位置)に以下のようなファイルを設置します。

最後にSSHキーを生成します。(忘れずに!)

サーバーにSSHでログイン後、ssh-keygen -t rsa でキーを生成します。その後、生成されたキーの内、公開鍵( ~/Username/.ssh/id_rsa.pub のほう)の内容を手元にコピーしておきます。

2.Github設定

リポジトリの設定(Settingタブ)内、【Webhook】ページで新規登録を行います。

↑こんな感じ。

保存した後、続いてSSHキーを追加します。【Deploy keys】ページで「Add Deploy key」を押して、追加します。

↑こんな感じ。

保存したら設定は完了です。

タイトルとURLをコピーしました