tech. tt

Teens Town 技術ブログ

gccとclangでのwarning messageの差

cpp

動作環境 OS macOS Catalina 10.15.4 ( MacBook Pro 16-inch ) Compiler clangは、今日(2020年5月2日)時点でXcode由来のclangが最新だったのでそのまま ちなみに血迷って brew install llvm して export PATH="/usr/local/opt/llvm/bin:$PATH" export LDFL…

俺的Macチートシート(VSCodeなど)

※キーボードショートカットはMac準拠です。 ショートカットキー 基本編 ファイル操作 command+P ... ファイル名を指定して開く(ただしディレクトリ・ワークスペースを開いているときのみ) command+shift+P ... コマンドの実行(コマンド名・説明を一部入力…

VSCodeでスニペットを使おう

VSCodeスニペットではかどる話。 スニペットとは これ↓ 言語や拡張機能によって実装されていますが、これを自分で設定する記事です。 基本的な設定 [基本設定] → [ユーザースニペット]に移動します。 プロジェクトで作業している場合、'hogehoge'の新しいス…

Laravelで動的に定期実行スクリプトを実装した話

弊団体ポータルシステム( https://teens-town.me )ではSlackのカスタムメッセージを定期送信することができます。中身はLaravelのスケジューラーを使っているのですが、これをちょいと工夫してダイナミックに送れるようにした話。

正規表現でテキストをたくさん抽出する。

Teens Townポータルシステム はじめ、手がける多くのシステムでテストコードを作成しています。そりゃそうか。 完全個人開発ならそれだけで良いのですが、仕事などで時折「テストケースの一覧が欲しい」といわれることがありました。 僕がよく書くテストの命…

レンタルサーバーに自動デプロイする

Git

Teens TownむさしののHPはレンタルサーバーで稼働しています。(GMOペパボさんの「Heteml」です。) https://heteml.jp/ HetemlにはGitが標準で導入されており、ユーザーが適切に設定を行えばGithubからの自動デプロイも可能です。 手順 1.サーバー側設定 …

Browsersync on Laravel!!

今回はBrowsersyncを使って、Laravelの開発効率化を目指します。

Laravel Passportのルーティングをカスタマイズする

LaravelにPassportという標準ライブラリを導入することでOAuth認証を実装することが出来ますが、そのままではエンドポイントが標準のままなのでセキュリティ的にどうなんだろう...。 ということで今回はこれをカスタマイズしていきます。 ラッパークラスの作…

LaravelでAPI認証基盤を作成

本記事ではLaravel推奨のOAuthライブラリPassportを用いて安全なOAuthサーバーを実装していきます。 公式マニュアル&標準ではWeb(Laravel Blade)経由でのユーザー登録ですが、今回はAPIによる登録を実装していきます。 Passportのインストール Passportと…

CentOS7でWebサーバー構築

本記事での環境 ベンダー: ConoHa VPS OS: CentOS 7.6 (64bit) VPS: 東京リージョン / メモリ 1GB / SSD 50GB IP アドレス: 118.27.10.107 サーバー名: TEST_SERVER ログメール受取アドレス: test@example.com 設置 ① ConoHa コントロールパネルにて設定 VPS…

「子どものまち」の入退場管理システムを作った話。

Laravel + Nuxt + Electron + Ionic で大規模システムを構築した話。3日くらい、ひとりで。 プロローグ いきさつ 3月末に地元武蔵野市で開催させて頂いた「Teens Town むさしの」。 地域コミュニティが薄まっている今、地元に「 まち と 自分 を考えるきっ…